トップページ
>
季節のご提案(夏)

季節ごとの住まいのお手入れ情報(夏~)

 7月

梅雨が明けたら、畳をあげたり、畳替えをしたり、湿気払いをしましょう。ダニ等の発生を防ぐため、年に1、2回は干して、叩いてホコリをだしましょう。畳を納める時は元の位置に戻さないと、隙間ができたりすることがありますので気を付けましょう。

8月

エアコンのフィルターをこまめに掃除し、冷房効率を保ちましょう。

雨の日に雨漏りがないか、また雨どいの流れが悪くなってないか、破損状況・水はけを点検しよう。

9月

台風災害に備えるよう!

夏の終わりから秋にかけての台風が日本に一番近づく時期となっています。被害を最小限にくい止めるよう、日頃から台風に備えておきましょう。

台風が来る前に、住宅内外の点検を行なって下さい。特に、屋根、雨樋、雨戸、シャッター、網戸、排水溝です。飛来物によって屋根や外壁、窓ガラスなどが損傷することがあるので、屋外に強風で飛びそうな物がないように片付けておきましょう。

台風が通り過ぎた後は建物の損傷をチェックしましょう。外壁のひび割れ、瓦のずれ、浮き、割れ等はありませんか?押入れや使用していない部屋に雨漏れが発生すると気づかず、そのまま放置すると柱などの建材が腐食してしまうので、必ず確認しましょう。点検の際には脚立からの転倒や屋根からの転落に十分注意しましょう。また、雨樋の点検もしておきましょう。建物の付近に樹木が多い場所では、木の葉が流れ込んで詰まりやすいです。雨樋が詰まった状態で大雨が降ると、行き場を失った雨水が溢れたり、跳ね返りで外壁を汚したりします。

破損箇所があれば早めにメンテナンスを行いましょう。