トップページ
>
住まいづくりハード
>
安全・安心の住まい

構造計算により裏づけられた安全・安心の住まい

 

 

建築物には固定荷重、積載荷重、積雪荷重、風荷重、地震荷重などの様々な力がかかるため、その建築物が安全な状態を保てるかどうかを設計段階でしっかりと検討しておく必要があります。このように、建物にかかる力とその安全性を計算することを「構造計算」といいます。

 「すべてのお客様」のために一棟一棟の構造計算で、

 「安心・安全・満足」の住まいを創ります。

 

構造計算について

構造計算とは、住宅の設計をする際に、建物自体の固定荷重や、建物に想定される積載荷重、自然の力、例えば積雪・風圧・地震等に対してどの程度の応力が必要なのかを設計段階において計算することです。住宅のデザインが見た目のデザインに偏りすぎると、往々にして肝心の安全性が取り残される可能性があります。アサヒコーポレーションでは、設計段階において設計者と構造計算担当者が綿密な打合せを行い、両者の専門的な知識を融合させることにより、デザイン性と耐震性を両立させた住宅の総合品質を確保します。外観、間取、内装すべてが洗練されたデザインのアサヒコーポレーションの住宅は、同時に、厳しい耐震基準を満たした安全性に裏づけられています。

 

2階建ての木造住宅では構造計算は義務付けられていません

建築基準法では、2階建て以下の木造住宅では、建築基準法で定める「壁量計算」という仕様規定を守って設計することを代替措置として、構造計算は特例として免除されています。

 

「すべてのお客様の安心・安全・満足」のために、全棟構造計算をおこないます

アサヒコーポレーションでは義務づけられていない木造2階建てにおいても、全棟で構造計算(許容応力度計算)を実施します。耐震強度を確保した設計に基づいた住まいづくりを行います。さらに構造計算に基づいた施工がなされるよう、アサヒコーポレーションでは、設計から施工、施工管理・監督まで責任をもって自社内で対応します。社内で定めた厳しい施工基準に基づき、確実な施工を実現する体制を構築しています。