トップページ
>
失敗しない家造りのために
>
土地探し編

▷ 土地探し編

 

土地探しの重要性

 

土地探しで最も重要なことは、その土地の立地条件です。本人は勿論 子供の世代孫の世代まで、その土地での生活が続いていくからです。 納得できる立地条件の土地を選択することが最も優先されるべきことです。 納得できる立地条件の土地が見つかれば、必ず確認をしなければならないことが あります。建物を建築するに際しその敷地に係る法的制限やライフラインの状況等を 確認しなければなりません。建築基準法、都市計画法等の法的制限や水道、ガス、 下水等のライフラインの状況は建物を建築するうえで大変重要なことです。 不動産業者さんを通じての購入であれば重要事項説明により一通りの説明はしていただけますが、十分に理解ができないこともあります。 契約締結をする前にご相談をいただきましたら、それぞれの専門知識を持った担当者がご相談に応じさせていただきます。遠慮なくご相談ください。

 

 

実は、インターネットの広告に良い土地は無い!?

 

土地情報は、仕入れに強い不動産会社さんに集まり、その不動産会社さんから、販売に強い不動産会社、もしくは住宅会社に情報が流れるようになっています。仕入れに強い不動産会社が考えることは、「いかに早く土地を売るか」ということです。土地の売買を成立させることで手数料を稼ぐ不動産屋さんからすれば、早く売れる方が当然いいからです。早く売るためには、売れそうな土地の情報をピックアップし、その情報をたくさんのお客様を抱えている、地元で実績のある住宅会社に提供するのが一番です。大半はそこで売れてしまいます。

 

要するに、インターネットや広告に掲載される前に売れてしまっているのです。そこで売れなかった土地は、インターネットやチラシに掲載し、買いそうなお客様を見つけようとしているわけで、インターネットやチラシを見続けるだけでは、なかなかいい土地が実は見つかりません。いい土地を見つけるためには、土地の流れをよく知ることが重要なのです。

 

 

 

 

一定の基準を設定して、多くの情報を集めることが重要

 

上記のことから、土地に掘り出しものは、ほとんどありません。有力な候補地には、必ず足を運んで確認することが大切です。お客様が満足できる基準を設定して、その基準に合う土地に足を運び、チェックシートなどを活用してコツコツと情報を集めることから始めるのが一番の近道になると思います。