トップページ
>
空流

空流―く~る

  日本では、古来より「家の造り様は夏を旨とすべし」とあります。まさにその通りですが、耐震強度やセキュリティーなど住む人の安全を考えると、現在ではかなり難しいものがあります。特に夏場の1階と2階の温度差は「仕方がない」とされてきました。また床下のじめじめ湿気は、大切な家の寿命にも影響します。

 

 

屋根断熱遮熱+小屋裏換気システム

アサヒの新工法「小屋裏換気システム・空流―く~る―」は床下の湿気と小屋裏の熱気を強制的に排出し、二階の部屋のほてりを軽減します。

これで熱帯夜も快適!

 

夏の小屋裏は想像以上に熱い!

一般の断熱工法の場合、夏場の小屋裏は50℃以上になることがあります。その熱気が天井に伝わり、二階の温室を一日中上昇させます。

アサヒのオリジナル新工法「空流―く~る―」は、屋根垂木の下にアルミ泊を貼ったポリスチレンボードを貼り詰め、屋根からの熱気を専用ダクトファンで外部に強制排気することで、天井裏の温度上昇を防ぐ工法です。

これで夏の二階の暑さがぐ~んと違います。

 

ポリスチレン断熱材
屋根材直下の空気層を挟んでアルミ反射材付きのポリスチレン断熱材を配置するもので、小屋裏への熱気の侵入を最小限に抑えるものです。
 
ダクトファン