トップページ
>
住まいづくりハード
>
コスト低減の住まい

ライフサイクルコスト低減の住まいづくり

住まいづくりには、とても大きなお金がかかります。また、入居された後にも様々な費用がかかります。土地の購入、建設、壊れた箇所の修繕、室内をリフレッシュするリフォーム、設備機器のリニューアル、大掃除、日常のお手入れなど・・・。住まいを手にしてからずっと、私たちは貴重なお金を投資して、暮らしやすい住まいを維持し続けることになります。

 

▷ ライフサイクルコストは?

ライフサイクルコストとは、ライフサイクルを通して必要なコストのことです。つまり、あるものが生まれてから無くなるまでの期間を通してかかる費用のことです。住宅のライフサイクルコストといえば、その住宅を建設もしくは購入、または賃貸住宅であれば契約して入居後、その家に住み続ける期間を通して必要となるすべての費用のことです。そして、その家が取り壊されて新しい家を建てることとなれば、次の住宅に対しての費用が新しいライフサイクルコストの発生となります。家計として考える場合には、自分の一生の間にかかる住居費(住むことに必要な費用)を、「自分にとっての住まいのライフサイクルコスト」として考えなければなりません。住まいづくりにおいては、次世代へのライフサイクルコストの発生も考慮する必要があります。

 

▷ 住宅の価値

 

 

ライフサイクルコストの考え方を理解していると、住宅の価値は長い期間を通して考えることが大切だということに気がつきます。見た目の美しさだけでなく、そのものの耐久性、省エネ性能(光熱費が安いこと)や、耐震性(地震が起きても損傷しないこと)など、目に見えにくい基本的な性能のよさが、大きな価値をもっていることに気がつくことができるのです。

加えて、資金調達(借入金利等)・税制面においても、性能の高い住まいは優遇をされています。

住宅の価値(コスト)=〔建設費+資金調達費(借入金利等)+税金等+

          光熱費+修繕費〕÷〔建物のライフサイクル〕

住宅の価値(コスト)は上記の式で表すことができます。建物のライフサイクルを長期化することで、コスト低減の最も重要な要素となります。ライフサイクルを長期化するための建設費増額分と優遇後の資金調達(借入金利等)・税金・修繕費のバランスを考慮した計画が重要になります。